中国語を活かせる求人

大手企業求人TOP >> 条件別の大手企業求人 >> 中国語を活かせる求人

中国語を活かせる求人

ここ10年ほどの間に目覚しい経済成長を遂げた中国。いまや日本を抜きアメリカに次ぐ世界第二の経済大国となっています。わたしたち日本人はとくに隣国として密接な関わりを持ちつつビジネス展開を行っていく必要があります。中国への進出をチャンスと捉えている企業も多いでしょうし、そうした企業では中国を相手に活躍できる人材を求めています。

では中国語を活かせる求人にはどのようなものがあるのでしょうか。英語がビジネスにおいて必須の言語となりつつあるのに対し、中国語はまだ必要性が充分に認識されているとはいえない状況です。英語を操れるビジネスマンに比べて中国語が操れるビジネスマンは圧倒的に少ないのも現状でしょう。ただ、中国の存在感とビジネスの可能性が高まるにつれ中国語の需要が急速に高まっている状況です。中国語が堪能な人ならさまざまな業種で活躍する機会に恵まれるでしょう。

まず考えられるのは現地で活躍してくれる人材。中国の日系企業で働くケースです。製造業に多く見られ、現地と本社との調整役を担ったり、現場の指揮や監督といった役割を担います。現地で生活し、中国の人たちと日常的に接しながら仕事を行う必要があるため、言語能力だけでなくコミュニケーション能力、中国人の習慣や考え方なども身に着けていることが求められます。また、エンターテイメント系の企業が中国市場へ進出するケースも目立っており、そちらの方でも中国語が堪能な人材が求められています。こちらはマーケティングの能力が問われる傾向があり、その分野での経験者は採用の際に有利になるでしょう。

国内で働きながら中国語能力を活かせる企業もあります。もっとも求人が増えているのは金融業。巨大市場に成長した中国。中国へ投資する日本人、日本に投資する中国人が増えているなか、その架け橋となる人材が金融業会では求められているのです。証券会社からの求人が有望です。それからコンサルタント業。中国を相手にビジネスをはじめる企業の間でソフトウェア管理や情報セキュリティなどの分野でコンサルタント業の需要が増しています。いわゆる「チャイナリスク」と呼ばれる中国進出の危険性も熟慮したうえで進出を目指す必要があるのも要因の一つでしょう。

現在、中国への進出を目指している日本企業の多くは大手企業。それだけに中国語が堪能なら大手企業への転職のチャンスが広がることになります。未経験や異業種からの転職でもチャンスが得られる可能性も高くなるでしょう。今後さらに需要が高まることが確実なスキル。うまく活かしてよい求人を探していきたいものです。

大手企業の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C)2013-2015 大手企業求人サイトランキング【大企業の求人を探すコツが満載!】 All Rights Reserved.