外資系企業の求人

大手企業求人TOP >> 条件別の大手企業求人 >> 外資系企業の求人

外資系企業の求人

90年代後半頃から外資系の積極的な進出が目立つようになりました。さまざまな分野での規制緩和の影響もあり、外資系企業が日本市場を有望なビジネス拠点とみなして拠点を設けるケースが増えているのです。

一方外資系には「ドライな体質」「徹底した成果主義」といったイメージが色濃くつきまといます。結果さえだせれば高収入を得られる一方、業績が振るわなければ大幅な収入ダウン、さらには退職に追い込まれるといったイメージです。確かにそういったイメージはありますが、一方では頑張った分だけ確実に評価される、能力を客観的に評価してもらえるといった面もあります。

こうした外資系の基本的な特徴を踏まえたうえで求人探しを行っていく必要があります。では外資系企業はどの業種に多く見られるのでしょうか。業種によって外資の進出が目立つところとそうでないところがあります。たとえば自動車・電機関連業界では国内企業の力が強いため、進出はあまり積極的ではありません。現在もっとも外資の積極的な進出が見られるのは金融、医療・メディカル関連でしょう。証券会社や保険会社などは日常生活でも外資系企業が普通に見られます。医療・メディカル関連は日常生活で接する機会はあまりありませんが、製薬会社に就職する際には語学力が不可欠といわれるほど外資系の勢力が強くなっています。他にはファッション業界も外資系企業が大攻勢をかけている業種として挙げられるでしょう。

基本的にはどの業種でも外資系企業は成果主義を導入しています。とくに保険業界は完全歩合制を敷いているところが多く、結果を出せればたちまち年収1000万円を超える一方、年収200万円、300万円程度も少なくないといわれます。そのため比較的転職しやすい一方、長く働き続けるためには日々の努力と適性が求められます。

外資系企業の求人をチェックする場合にはこうした面を踏まえ、待遇面に着目して検討していく必要がありそうです。給与体系はどのようになっているのかなど。また、求人情報だけでなく、企業に関する情報も詳しく確認しておきたいところ。たとえば平均勤続年数や残業時間など。フレックスタイムを導入しながらも結果を出すためには毎日長時間の残業を強いられるところも少なくありません。こうした情報は転職エージェントのコンサルタントから詳細を入手しやすいため、うまく活用したいところ。

国内企業にはない特徴や注意点こそあるものの、適性と語学力さえあれば高収入と昇進が期待できる分野でもあります。能力面だけでなく結果へのプレッシャーに耐えられるかなど性格面の適性も踏まえたうえで外資系企業の求人を探していくとよいでしょう。

大手企業の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C)2013-2015 大手企業求人サイトランキング【大企業の求人を探すコツが満載!】 All Rights Reserved.