大手の化学メーカーの求人

大手企業求人TOP >> 業界別の大手企業求人 >> 化学メーカーの求人

大手の化学メーカーの求人

化学関連の業界は今後市場の拡大と多様化、再編が進んでいくことが予想されています。とくに医療の分野や環境の分野での市場の拡大が予想されており、各メーカーがその流れにどのように対応していくのか、求人動向とも密接に関わってきます。

ここ数年の間、化学メーカーは苦戦を強いられてきました。新興国の台頭による原材料の高騰に円高が加わり、業績が圧迫されている状況だったのです。円安の進行によってこの厳しい状況に一定の歯止めがかかるようになったことで攻勢にでるメーカーも出てきています。求人数に関しては控えめなところがまだ多いのですが、専門職を中心に今後の需要増に対応する能力を持った人材の採用を積極的に行っているところが見られます。

化学関連業界の状況をもう少し詳しく見てみましょう。まず環境問題との関連が重要になっています。新たなエネルギーの創出、二酸化炭素排出量をはじめとした環境への負荷を減らすための素材の開発など、かつてないほど化学の分野への期待が寄せられています。エネルギープラントの研究や開発に関わるメーカーも少なくありません。この分野において日本は長年の蓄積があり、世界的に見てもリードできるレベルにあります。それだけに今後世界的な規模での成長が期待できる分野であるとともに、ますますの研究・開発への人材・資金の投入が進められることが予想されます。そのため化学系の技術者の求人が今後増えていくことでしょう。

自動車・機械業界との関わりも重要です。たとえば自動車の塗装。意外にも化学メーカーと自動車メーカーとの間には密接な関わりがあります。先に挙げた環境面はもちろん、美観やコストなどの面でもより優れた塗料が自動車業界では求められており、化学メーカーへの期待が集まっています。電機メーカーとの関わりではプリンターのインク。この分野では急速な技術革新が進められている状況で、より環境に優しく、コスト面に優れたインクの開発も進んでいる状況です。とくに工業用プリンターの分野で需要が高く、求人が増えています。

このように、厳しい状況と今後の明るい展望の両方を抱えている化学メーカー。そのため採用の人数そのものは限られているものの、技術職を中心に専門的な知識、スキルを備えた人材が積極的に求められている状況です。この業界で転職を目指す場合には自分に何ができるのか、どういった点をアピールできるのかを踏まえておく必要がありそうです。また、専門職の求人は一般の求人サイトにはなかなか掲載されないため、転職エージェントをうまく活用することも忘れないようにしましょう。

大手企業の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C)2013-2015 大手企業求人サイトランキング【大企業の求人を探すコツが満載!】 All Rights Reserved.