大手不動産企業の求人

大手企業求人TOP >> 業界別の大手企業求人 >> 不動産の求人

大手不動産企業の求人

不動産市場はこれまで厳しい経営状況を強いられており、採用も冬の時代が続いていました。全世界に激震をもたらしたリーマン・ショック。その引き金となったのがサブプライムローン問題。あの世界不況は不動産業界から起こったといっても過言ではありません。日本の不動産業界もその影響を大きく受け、市場の環境が急激に悪化しました。それまでは比較的市場全体が好調に推移していただけにとくにその落差が大きく、採用に大きな影を落としてしまいました。

現在でもそのダメージから完全に脱し切れているとはいえない状況ですが、明るい兆しも見られています。まず増税の影響。今後駆け込みでの不動産購入が増えることが予想されており、市場の活性化が期待されています。それに対応するため、営業職を中心に積極的に採用を行うことが予想されます。オリンピックの開催も不動産業界の活性化に寄与することが期待されています。

また、リーマンショックから数年が経過し、その間に採用を控えていたこともあり不動産業界では専門職の人手不足が見られるようになっています。厳しい状況が続いていた間に団塊世代が大量に退職するなど、現場で活躍できる専門職が不足気味になっているのです。業界全体の市場の活性化と合わせて、専門職においてもそろそろ採用を積極的に行うところが増えてきそうなのです。

このように、不動産の求人は今後希望が持てる分野といえます。ではもう少し詳しく見てみましょう。とくに大手企業から求められているのが建築・土木系のエンジニア。先に挙げたように、ここ数年採用を手控えたことでうまく機能しなくなっていたる世代交代の影響をもっとも大きく受けている分野とも言われています。今後、全国各地で建築ラッシュも予想されているなか、現場で活躍できる若い人材が求められています。20代後半〜30代後半くらいの経験者がとくに優遇されそうです。キャリアやスキルに自信がある人は大手企業からよい求人がないかどうか狙ってみるとよいかもしれません。

それから保守・メンテナンス関連の職種。今後建設が相次ぐことによってこの分野の需要も急激に高まっていくことが予想されます。空調や電気、配管など建物・設備を維持するために必要な保守・メンテナンス作業においても人手不足の傾向が見られます。また、一時期全国で建設が相次いだ集合住宅の保守・メンテナンスの需要が高まっている点もこの職種に注目が集まっている理由の一つです。こちらも即戦力が求められる傾向が見られます。

大手企業の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C)2013-2015 大手企業求人サイトランキング【大企業の求人を探すコツが満載!】 All Rights Reserved.