技術職(建築)の大手企業求人について

大手企業求人TOP >> 職種別の大手企業求人 >>技術職(建築)の大手企業求人について

技術職(建築)の大手企業求人について

建築業界はこれからもっとも活況が期待できる分野といってもよいでしょう。まさに追い風ばかりが吹いている状況です。

まず公共事業の拡大。政府による成長戦略の一環として数兆円単位の公共事業への予算増加が決定され、今後大幅に発注件数の増加が期待できるのです。それからもうひとつは東京オリンピックの開催決定。実際の開催にはまだ時間がありますが、すでに建築関連の銘柄が株式市場において値上がりを見せているなど、投資家の間からも注目を集めています。

こうした建築業界の恵まれた将来性は当然雇用にも大きな影響を及ぼします。もともと政府による公共事業の増資は雇用創出の目的もありました。これは現場で働く従業員だけでなく、技術職にも当然影響が及びます。一昔前とは異なり、公共の建築物にもデザイン性や機能性が求められるようになっているため、技術職の役割が重要視されているのです。設計士、建築家はもちろんのこと、幅広く技術系のスキルを備えた人材が求められるでしょう。たとえば現代における大規模な建造物においてバリアフリー環境は不可欠なもの。それに合わせてユニバーサルデザインの需要も高まっています。誰もが不自由なく快適に利用できる環境のためには柔軟な発想と高度なセンスを備えた技術職が求められるのです。

大手企業の求人動向については技術職を柔軟に採用するケースが見られるようになっています。中小規模の建築会社や工務店から大手ゼネコンへ転職に成功するケースも決して珍しくありません。大手としては業務の拡大に合わせ、求める能力を備えた人材なら経歴を問わずに積極的に採用する必要を感じているのでしょう。その結果、大手企業のみならず、中小規模の企業に至るまで、優れた人材の争奪戦を繰り広げている状況です。

また、異なる職種から転職するケースも目立っています。たとえば設備関連の施工業務から建物の管理業務への転職など。こちらも大手から大手だけでなく、中小規模から大手への転職が見られます。自己アピールに役立つ資格や実務経験をどれだけ持っているかがポイントとなるでしょう。

こうした状況から見ても建築業界の技術職はこれから就職・転職を目指すうえで絶好のチャンスが訪れつつあるといってよいでしょう。増税にあわせた一般住宅の駆け込み需要も期待できます。売り手市場だからこそ、できるだけ自分を高く評価してくれる、そしてやりがいのある職場を探していきたいところです。新たなキャリアを目指したい人にとってはとくに恵まれた環境となるはずです。

大手企業の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C)2013-2015 大手企業求人サイトランキング【大企業の求人を探すコツが満載!】 All Rights Reserved.