技術職(化学)の大手企業求人について

大手企業求人TOP >> 職種別の大手企業求人 >>技術職(化学)の大手企業求人について

技術職(化学)の大手企業求人について

日本の製造業の苦戦がニュースで報道される機会も多い中、今後市場の拡大・活性化が期待されているのが化学業界です。この業界では近年目覚しい技術革新が進んでおり、新製品の開発が活発に行われています。そのため優れた人材はどの企業でも引く手もあまたな状況、この分野でキャリアを重ねていきたいと思っている人には大きなチャンスとなっています。

また、この業界は長らく続いた円高の影響もあり、原材料費の高騰に悩まれてきました。それが経営を圧迫し、求人を抑える傾向が見られていましたがここに来て改善の動きが見られています。これまで採用を抑えたい分、積極的な動きに出ているケースもあるのです。こうした事情から、中途採用のチャンスにも恵まれています。

とくに元気だといわれるのが工業用印刷。ペットボトルや衣料品などへの印刷技術が進歩し、業務の拡大が進められています。食品・アパレル業界への影響も大きく、今後雇用の掘り起こしをもたらしてくれるのではないかと予想されています。また、本格的な実用化にはまだ時間がかかりそうですが、3Dプリンターの開発に関わる仕事にも化学系の企業が深く変わっているため、雇用の増大が期待できそうです。

化学系の技術職における大手企業の求人では異業種からの転職が目立つ点も特徴です。技術職のボーダーレス化が進んでおり、これまで別の業種と捉えられていた分野での転職や人材の交流が進んでいますが、化学系に関してはとくにその傾向が強く、採用の積極化もあいまって異業種で実績を重ねた技術職の転職が増加しているのです。

それからこの分野ではもうひとつ、シェールガスの存在も忘れてはならないでしょう。燃料革命といわれることも多いシェールガス。単に燃料として使用されるだけでなく、化学系の原材料としても注目されています。原油や従来のガスよりも安価で、安定した入手が可能になるなら業界全体の活性化も期待できます。すでにシェールガスを想定した事業計画を立てている企業もあるらしく、新規事業の立ち上げに伴う雇用の増加も期待されます。

とくに転職事例が多い異業種では自動車メーカーや電力会社など。電気・機械系からの転職が見られます。どちらも技術職に専門的な知識やスキルが求められますし、製品開発・製造を通して化学系の企業と深い関わりを持っている分野でもあります。そのためスムーズに転職しやすい傾向があるのです。

業界そのものが今後大きく変化していく可能性を秘めた化学系。技術職への就職・転職もそれにあわせた活動が求められそうです。

大手企業の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C)2013-2015 大手企業求人サイトランキング【大企業の求人を探すコツが満載!】 All Rights Reserved.