金融系専門職における大手企業の求人状況

大手企業求人TOP >> 職種別の大手企業求人 >>金融系専門職における大手企業の求人状況

金融系専門職における大手企業の求人状況

金融系の専門職に関してはここ数年、厳しい状況と高まる需要の合間で揺れ動いている状況が続いていました。長引く景気の低迷の影響をもっとも受けやすい分野である一方、規制緩和によるサービスの多様化・専門化が推し進められ、スタッフにより専門的な知識・スキルが求められるようになりました。つまり、求人状況はハードルが高い一方、優れた人材はあちこちの金融機関から引く手もあまたな環境だったのです。

しかしここにきてそんな状況にも変化の兆しが見られています。ようやく景気に回復基調が見られ、金融業界全体が明るい状況になっているのです。大規模な資金の流動化にともない、銀行・証券に多額のお金が流れ込んでいる状況で、この機を逃すまじ、とばかりに各金融機関が攻勢に出ています。

そんな明るい兆しが見られる金融業会の大手企業における専門職の求人動向はどのようになっているのでしょうか。まず幅広い職種で積極的に採用を行っている傾向が見られます。とくにトレードファイナンスや不動産ファイナンスなど、今後さらに需要が高まる資産運用に関わる業務における求人が増加しています。サービスの多様化・専門化が進んだ一方、どの金融機関でも同じようなサービスを提供している面もあり、その中から顧客に選ばれるためには少しでも魅力あるサービスを用意することが不可欠です。そのため異業種から積極的に採用する金融機関も少なくありません。その方が斬新な発想で新たなサービスを生み出せる期待が持てるからです。異業種において広報や宣伝、企画関連の実務経験を持っている人なら金融系専門職として新たなキャリアへとチャレンジするチャンスに恵まれることでしょう。この点に関しては需要の拡大によって金融業界の経験者だけではまかないきれないという現実的な事情もあります。売り手市場をうまく活用して転職に成功させるチャンスに恵まれている、といってもよいでしょう。

また、M&Aが活発に行われているのも金融業界の大きな特徴。今後その動きがさらに活発化していく可能性もあります。専門職の中でもとくに高度なスキル・知識が求められますが、M&Aに関わる専門職も狙い目。とくに経験者はヘッドハンティングの声がかかる可能性もあります。

もうひとつ専門職で覚えておきたいのが国際的な業務。国内企業が積極的に海外進出を目指している一方、外資の進出が目立っているのも金融業界の特徴です。そのため語学力や海外の法規に関する知識を備えた人材が大手の企業から求められています。語学力や国際感覚を活かす場としても金融系専門職は魅力的な選択肢となりそうです。

大手企業の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C)2013-2015 大手企業求人サイトランキング【大企業の求人を探すコツが満載!】 All Rights Reserved.